BLOG

TIME
TIMEの記事一覧

TIME2018.5.14

タイムキャンプ開催決定!

timecamp2018_podium_website-650.jpg


6月16日(土)に千葉県館山市にてライドイベントを開催させていただきます。
タイムバイクに興味のある方、タイムバイクのオーナー、
あるいはタイム製品がついた自転車をもって参加できる方。(ペダルだけがタイムもOKです。)
上記の条件を満たす18歳以上の方ならどなたでも参加可能です。
2019年タイムニューモデルもご覧いただけます。(予定)

ポディウムでは、日頃から当社取扱い自転車に興味をお持ちの皆様を対象に、キャンプを催します。
初心者から経験者まで、スポーツ自転車を楽しんでおられる方なら、どなたでもご参加いただけます。
1回のキャンプでは、1つの自転車メーカーといくつかの部品メーカーの協力を得、製品や、
開発思想などについて楽しみながら深い知識を得ることで、より安全で、より愉しい自転車ライフを送ることを目的とします。
トップライダーたち、製品開発者たちとの触れ合いの中から、ご自身のライディングへのヒントをつかむことができるでしょう。

TIME CAMP 2018(第12回ポディウムキャンプ)
■日時:6月16日(土)
■タイムキャンプ:午前9時30分集合 ‐ 午後4時30分解散
■ライド場所:千葉県館山市 館山リゾートホテル周辺約40kmを予定。
参加者様に無理のないペースのライドイベントになっています。
2019年タイム ニューモデルもご覧いただけます。(予定)
タイムキャンプに興味をお持ちのお方は是非ご参加ください!

●現地集合・現地解散
館山リゾートホテル 千葉県館山市小沼352(駐車場有り) 
午前9時30分集合 ‐ 午後4時30分解散

【ゲスト】

timecamp2018-guest02.jpg
■パスカル・ナヴァロ(タイム社営業部長)

timecamp2018-guest01.jpg
■エドアルド・ジラルディ(FSA営業部長)

【応募方法】
弊社ホームページよりお申込みください。
【ポディウムキャンプ】
http://www.podium.co.jp/podiumcamp/index.html
【 TIME CAMP 2018(第12回ポディウムキャンプ) 】
http://www.podium.co.jp/timecamp/index.html

募集締め切り:5月28日(月)
参加者発表:5月31日(木)応募者に直接ご連絡いたします。
募集人数:20人
費用:無償
*現地集合・解散です。それに関わる交通費等は個人負担となります。
*ライド場所は千葉県館山市です。
*詳細は、参加が決定した方にお知らせいたします。
*雨天決行

【参加資格】
タイムバイクに興味のある方、タイムバイクのオーナー、
あるいはタイム製品がついた自転車をもって参加できる方。(ペダルだけがタイムもOKです。)
上記の条件を満たす18歳以上の方ならどなたでも参加可能です。

PODIUM2018.2.16

タイム アルプデュエズ動画公開

タイム アルプデュエズの日本語訳付き動画を公開しました。
タイムのバイクへのこだわり、工夫、そして熱量。

軽量性と反応性の融合を掲げたアルプデュエズが比類のないバイクである、という事を証明する内容となっています。

ぜひご覧下さい!



TIME2018.2. 8

アルプデュエズ - タイム史上最軽量のヒルクライムバイク -

タイムの新モデル、アルプデュエズにおいては、名前そのものがタイム史上はじめて実現した性能を物語っています。

アルプデュエズ01とアルプデュエズ21です。

サイクリストにとって神話的な響きを持つ「21」のコーナーを象徴しています。この名称を公式に使う許可を得たのはタイム社のみです。
同時に、象徴的な名称をもつこの自転車は、アルプデュエズ村に特別なゆかりがあります。

ジャン-イヴ ノイレ - ウェズ村長 兼 アルプデュエズ村長からのコメントです。
「タイム・バイクの品質と数多くの勝利はサイクリング史の一部となっています。アルプデュエズとタイムは、強い個性と価値観を共有しているのです...伝統、フランスのノウハウと優れたモノへの強い思い。私たちは、この象徴的なブランドのユニークな上り専用バイクに、わが村の名前が冠されることに誇りを感じています」

アルティテュード・カテゴリーの2つの新モデルを紹介します。

20180209-TIME-3.jpg

20180209-TIME-.jpg

アルプデュエズ01 リミティッド

20180209-TIME-4.jpg

■アルプディエズ01の特徴
まったく新しい設計を取り入れ、長年タイムが培ってきたレーシングジオメトリにコンパクト感と安定感を与えています。
また、新型クイックセットにより、今までのクイックセットよりハンドル位置を9mm下げることが可能になり、上りでのポジションを最適化。同種のバイクよりもスロープ角が大きく、コンパクトで剛性の高いフレームが完成しました。
フルイディティ、アルプデュエズ21のようなBB中心からサドル中心までのシート角74.5°ではなく1.5°立たせ、シートポストのオフセットを0にしたダイレクトリンクは、パワー伝達効率も向上しました。

20180209-TIME-2.jpg

■アルプディエズ21の特徴
カーボンブレイドやRTM成型といった製造方法は上位機種と同様であるが、カーボン繊維のグレード、使用比率、フレーム形状が01と異なります。
衝撃吸収素材として「バサルト繊維」を使用し、ホビーライダーに適した乗り味と耐久性を実現にしました。
シートポスト(丸断面の27.2㎜径)のクランプは別パーツ。フロントフォークはクラシックフォークのみです。

20180209-TIME-5.jpg




アルプデュエズ01 リミテッド
アクティブフォーク フレームセット (限定50本):750,000円(税抜)

アルプデュエズ01
アクティブフォーク
レギュラーカラー :650,000円(税抜)
カスタムカラー :700,000円(税抜)
カスタムカラー(ハンドル+ステム):810,000円(税抜)

クラシックフォーク
レギュラーカラー:590,000円(税抜)
カスタムカラー :640,000円(税抜)
カスタムカラー(ハンドル+ステム) :750,000円(税抜)

アルプデュエズ21
レギュラーカラー:298,000円(税抜)
カスタムカラー:350,000円(税抜)


time-01custom_color.jpg

time-21custom_color.jpg

2018time-ALPE_geo.jpg

TIME2017.11. 2

[TIME]【Xpresso1】

TIMEのロードペダルシリーズ【エクスプレッソ1】のご紹介です。

2017_expresso_03.jpg

◆関節の負担を軽減するフローティング機構はもちろん、ステップイン・ステップアウトのしやすさが定評のタイムペダル。エクスプレッソ15から2まで様々なユーザーに支持されてきました。タイムペダルの最廉価モデルとして、さらにお買い求めやすく、よりライトユーザー向けのエクスプレッソ1、税抜定価は4900円です。

2017_expresso_02.jpg

◆【エックスプレッソシリーズ】は【アイクリックシリーズ】とクリートに互換性を持たせつつも、より踏面をワイド化して安定性を増し、ボディを薄くしてより軽量化と地面からの距離(スタックハイト)を確保しました。
タイムペダルの特徴でもあるフローティングシステム(保持した状態で左右5°平行方向2.5mmの遊び)と世界で唯一のプリオープンシステム継続して採用し、最も簡単なクリートキャッチを実現しています。
◆プリオープンシステムとは、クリートの入るべき空間が最初から開いており、ステップインと同時にトリガーが押され、リアのキャッチャーが解放されてクリートをキャッチするシステムのことです。これにより、最も装着の簡単なビンディングペダルが完成しました。エックスプレッソのフローティングシステムは3段階の調整が出来、プラスに調整するに従い動いた脚を元に戻す力が強く働きます。出荷時は最も弱い状態となっております。
◆またカーボフレックス(カーボン製プレート)を採用し、金属バネと比べて軽量性、耐久性に優れています。
(センター調整用ネジには4mmの平頭ネジを使用しております。日本で普及しているJIS規格のマイナスドライバーですと刃先の幅より軸径が太くなっている為、一番奥まで刃先が入らない場合があります。ヨーロッパで主に普及しているDIN規格(刃先と軸径が同じ)のドライバーを使用される事をお勧めします)

2017_expresso_01.jpg

TIME2017.3. 9

[TIME]【Xpresso 8 PRO】

本日はタイムから【エックスプレッソ8プロ】のご紹介です。
f:id:dinosaur_blog:20131022185846j:image
◆大好評を頂いておりますタイムのニューペダル【エックスプレッソ】の新カラーです。特別モデルとしてラインアップされた【エックスプレッソ8プロ】がカラーホワイトを採用して加わります。【エックスプレッソ8プロ】は8カーボンベースとしてブラックを基調としたデザインになり、プラットフォーム金属素材を変更して8カーボンより5g軽くなっております。税込み定価は22000円です。
◆【エックスプレッソシリーズ】は【アイクリックシリーズ】とクリートに互換性を持たせつつも、より踏面をワイド化して安定性を増し、ボディを薄くしてより軽量化と地面からの距離(スタックハイト)を確保しました。
f:id:dinosaur_blog:20121226210943j:image
タイムペダルの特徴でもあるフローティングシステム(保持した状態で左右5°平行方向2.5mmの遊び)と世界で唯一のプリオープンシステム継続して採用し、最も簡単なクリートキャッチを実現しています。
◆プリオープンシステムとは、クリートの入るべき空間が最初から開いており、ステップインと同時にトリガーが押され、リアのキャッチャーが解放されてクリートをキャッチするシステムのことです。これにより、最も装着の簡単なビンディングペダルが完成しました。エックスプレッソのフローティングシステムは3段階の調整が出来、プラスに調整するに従い動いた脚を元に戻す力が強く働きます。出荷時は最も弱い状態となっております。
(センター調整用ネジには4mmの平頭ネジを使用しております。日本で普及しているJIS規格のマイナスドライバーですと刃先の幅より軸径が太くなっている為、一番奥まで刃先が入らない場合があります。ヨーロッパで主に普及しているDIN規格(刃先と軸径が同じ)のドライバーを使用される事をお勧めします)
◆またカーボフレックス(カーボン製プレート)を採用し、金属バネと比べて軽量性、耐久性に優れています。