BLOG

TIME
TIMEの記事一覧

TIME2017.11. 2

[TIME]【Xpresso1】

TIMEのロードペダルシリーズ【エクスプレッソ1】のご紹介です。

2017_expresso_03.jpg

◆関節の負担を軽減するフローティング機構はもちろん、ステップイン・ステップアウトのしやすさが定評のタイムペダル。エクスプレッソ15から2まで様々なユーザーに支持されてきました。タイムペダルの最廉価モデルとして、さらにお買い求めやすく、よりライトユーザー向けのエクスプレッソ1、税抜定価は4900円です。

2017_expresso_02.jpg

◆【エックスプレッソシリーズ】は【アイクリックシリーズ】とクリートに互換性を持たせつつも、より踏面をワイド化して安定性を増し、ボディを薄くしてより軽量化と地面からの距離(スタックハイト)を確保しました。
タイムペダルの特徴でもあるフローティングシステム(保持した状態で左右5°平行方向2.5mmの遊び)と世界で唯一のプリオープンシステム継続して採用し、最も簡単なクリートキャッチを実現しています。
◆プリオープンシステムとは、クリートの入るべき空間が最初から開いており、ステップインと同時にトリガーが押され、リアのキャッチャーが解放されてクリートをキャッチするシステムのことです。これにより、最も装着の簡単なビンディングペダルが完成しました。エックスプレッソのフローティングシステムは3段階の調整が出来、プラスに調整するに従い動いた脚を元に戻す力が強く働きます。出荷時は最も弱い状態となっております。
◆またカーボフレックス(カーボン製プレート)を採用し、金属バネと比べて軽量性、耐久性に優れています。
(センター調整用ネジには4mmの平頭ネジを使用しております。日本で普及しているJIS規格のマイナスドライバーですと刃先の幅より軸径が太くなっている為、一番奥まで刃先が入らない場合があります。ヨーロッパで主に普及しているDIN規格(刃先と軸径が同じ)のドライバーを使用される事をお勧めします)

2017_expresso_01.jpg

TIME2017.3. 9

[TIME]【Xpresso 8 PRO】

本日はタイムから【エックスプレッソ8プロ】のご紹介です。
f:id:dinosaur_blog:20131022185846j:image
◆大好評を頂いておりますタイムのニューペダル【エックスプレッソ】の新カラーです。特別モデルとしてラインアップされた【エックスプレッソ8プロ】がカラーホワイトを採用して加わります。【エックスプレッソ8プロ】は8カーボンベースとしてブラックを基調としたデザインになり、プラットフォーム金属素材を変更して8カーボンより5g軽くなっております。税込み定価は22000円です。
◆【エックスプレッソシリーズ】は【アイクリックシリーズ】とクリートに互換性を持たせつつも、より踏面をワイド化して安定性を増し、ボディを薄くしてより軽量化と地面からの距離(スタックハイト)を確保しました。
f:id:dinosaur_blog:20121226210943j:image
タイムペダルの特徴でもあるフローティングシステム(保持した状態で左右5°平行方向2.5mmの遊び)と世界で唯一のプリオープンシステム継続して採用し、最も簡単なクリートキャッチを実現しています。
◆プリオープンシステムとは、クリートの入るべき空間が最初から開いており、ステップインと同時にトリガーが押され、リアのキャッチャーが解放されてクリートをキャッチするシステムのことです。これにより、最も装着の簡単なビンディングペダルが完成しました。エックスプレッソのフローティングシステムは3段階の調整が出来、プラスに調整するに従い動いた脚を元に戻す力が強く働きます。出荷時は最も弱い状態となっております。
(センター調整用ネジには4mmの平頭ネジを使用しております。日本で普及しているJIS規格のマイナスドライバーですと刃先の幅より軸径が太くなっている為、一番奥まで刃先が入らない場合があります。ヨーロッパで主に普及しているDIN規格(刃先と軸径が同じ)のドライバーを使用される事をお勧めします)
◆またカーボフレックス(カーボン製プレート)を採用し、金属バネと比べて軽量性、耐久性に優れています。

TIME2017.3. 3

[TIME]【Xpresso Tour de France】

本日はタイムから【エクスプレッソ ツールエディション】のご紹介です。

TIMEペダル Xpresso Tour Edition正面.jpg

大好評を頂いておりますタイムのニューペダル【エクスプレッソ】特別モデルです。特別モデルエックスプレッソ ツールエディション】はマイヨジョーヌカラーに彩られた1種類がラインアップされます。


◆【エクスプレッソシリーズ】は【アイクリックシリーズ】とクリートに互換性を持たせつつも、より踏面をワイド化して安定性を増し、ボディを薄くしてより軽量化と地面からの距離(スタックハイト)を確保しました。
タイムペダルの特徴でもあるフローティングシステム(保持した状態で左右5°平行方向2.5mmの遊び)と世界で唯一のプリオープンシステム継続して採用し、最も簡単なクリートキャッチを実現しています。
◆プリオープンシステムとは、クリートの入るべき空間が最初から開いており、ステップインと同時にトリガーが押され、リアのキャッチャーが解放されてクリートをキャッチするシステムのことです。これにより、最も装着の簡単なビンディングペダルが完成しました。エックスプレッソのフローティングシステムは3段階の調整が出来、プラスに調整するに従い動いた脚を元に戻す力が強く働きます。出荷時は最も弱い状態となっております。
(センター調整用ネジには4mmの平頭ネジを使用しております。日本で普及しているJIS規格のマイナスドライバーですと刃先の幅より軸径が太くなっている為、一番奥まで刃先が入らない場合があります。ヨーロッパで主に普及しているDIN規格(刃先と軸径が同じ)のドライバーを使用される事をお勧めします)
◆またカーボフレックス(カーボン製プレート)を採用し、金属バネと比べて軽量性、耐久性に優れています。

TIME2017.2. 3

[TIME]【2017 Fluidity DISC】

本日はタイムから2017年モデル【フルイディティ ディスク】のご紹介です。


◆2017年モデルの【フルイディティ】はTIMEモジュールの中でも振動吸収に重きを置き、「魔法の絨毯」とも言われるTIMEの中でも特に乗り心地の良いフレームです。【フルイディティ ディスク】はディスクブレーキモデルになります。

◆優れた対衝撃・振動吸収性能を持つポリアミド繊維【バイブレーザー】をフラッグシップより実に2倍量をフレームに編み込み、またRTM工法によってそれが前後方向振動のみを吸収することに特化され、横剛性を損なうことがないよう配置されています。シートステーは極細で大きく湾曲し、振動を素早く確実に吸収します。またワイヤーはトップチューブ内蔵になっています。ステム・ハンドルは付属いたしませんが、【トランスリンク】ではなく、31.6mm径の汎用シートポストが使用可能で、フレームセットにはTIME製シートポストが付属致します。

◆2017年【フルイディティ ディスク】はノーマルカラーが3種、カスタムカラーが5種、ラインアップされます。サドル固定方法は従来のもの踏襲しています。BB規格はBB30、電動メカニカル兼用フレームですが、電動で組まれる場合には専用電動パーツキットが必要になります。ステム・ハンドルは付属致しません。

◆【フルイディティ ディスク】はシートポスト+クラシックフォークバージョンのみとなります。前後ともスルーアクスルに対応し、12mm径の前100mm・後142mm、ディスク径は前160mmもしくは140mm、後140mmに対応致します。専用スルーアクスルがフレームセットに同梱されます。

◆こちらはレッドカラー(ディスク仕様になります)↓

TIME_2017_fluidity_red_700.jpg

◆こちらはグラファイトカラー(ディスク仕様になります)↓

TIME_2017_fluidity_graphite_700.jpg

◆こちらはホワイトカラー(シートポスト+クラシックフォーク+ディスク仕様になります)↓

TIME_2017_fluidity_white_700.jpg

◆こちらはカスタムカラーオレンジ(シートポスト+クラシックフォーク+ディスク仕様になります)↓

TIME_2017_fluidity_custom_orange_700.jpg

◆こちらはカスタムカラーブラック(シートポスト+クラシックフォーク+ディスク仕様になります)↓

TIME_2017_fluidity_custom_black_700.jpg

◆こちらはカスタムカラーグリーン(シートポスト+クラシックフォーク+ディスク仕様になります)↓

TIME_2017_fluidity_custom_green_700.jpg

◆こちらはカスタムカラーピンク(シートポスト+クラシックフォーク+ディスク仕様になります)↓

TIME_2017_fluidity_custom_pink_700.jpg

◆こちらはカスタムカラーブルー(シートポスト+クラシックフォーク+ディスク仕様になります)↓

TIME_2017_fluidity_custom_blue_700.jpg

◆ノーマルカラー シートポスト クラシックフォーク仕様 440,000円(税抜)

◆カスタムカラー シートポスト クラシックフォーク仕様 500,000円(税抜)

TIME2017.2. 2

[TIME]【2017 SCYLON TRI】

本日はタイムの2017年フラッグシップモデル【サイロン】のトライアスロンモデル【サイロン トライ】のご紹介です。

TIME_2017_scylon_tri_T30_700.jpg

◆2017年、TIME SPORT社が新たにデビューさせるモジュール【サイロン】。【スカイロン】より、ねじれ剛性UP・BB剛性UP、その他各部の全てを見直し、現時点でTIMEが世に打ち出せる、最高傑作のフラッグシップモデル【サイロン】のトライアスロンモデル【サイロン トライ】です。

◆【サイロン トライ】はトランスリンク(延長シートポスト)モデル、エアロシートポストモデルの選択と、アクティブフォークモデルとクラシックフォークモデルの選択が自由に可能です。カラーはレーシングファクトリーカラーのみ、サイズはXXS・XS・S・M・L・XLの6種類です。BB規格はBB386、電動メカニカル兼用フレームですが、電動で組まれる場合にはスカイロン専用電動パーツキットが必要になります。ステム・ハンドルは付属致しません。シートポストの前傾幅によって【T30】と【T10】の2種のモデルがあります。

◆こちらはサイロン トライ T10↓

TIME_2017_scylon_tri_T10_700.jpg

◆こちらはサイロン トライ T30↓

TIME_2017_scylon_tri_T30_700.jpg

◆『またTIMEは未来へ』。TIMEが提唱するのは更なる振動減衰性能を突き詰めた独自の技術です。凡そ10年の開発期間を経て世に送り出される【アクティブフォーク】を搭載したモデルは、内蔵したチューンド・マスダンパーにより、ライダーが最も不快と感じる25~50ヘルツの低周波帯の振動を減衰させます。この技術はエネルギーロスに繋がる柔軟性に頼った振動吸収システムとは一線を隔した新しい概念と言えます。

◆サイロン トライ トランスリンク アクティブフォーク仕様 620,000円(税抜)

◆サイロン トライ シートポスト アクティブフォーク仕様 600,000円(税抜)

◆サイロン トライ トランスリンク クラシックフォーク仕様 560,000円(税抜)

◆サイロン トライ シートポスト クラシックフォーク仕様 540,000円(税抜)